ASAGI MIKA TALK

いつもお世話になっております〜。また来よったで!この阿呆トーク!!
トークなんて一回バーッとやっちゃったら更新されないよね!って囁かれるのはイヤなので!ていうか語り足りねえよ!ってことなのでうっとおしがられながらも更新してやりますとも。コンチクショウ。

今回はむしろ今まで語られなかったのが不思議な感じの方!太陽の射さない血と硝煙の世界で不器用に戦うダークヒーローの傍らにそっとたたずむ可憐な!でもある意味無敵なヒロイン!「浅葱ミカ」で行ってきます!バイバーイ!(どこへいく)
ミカ〜vミカ〜vミカ可愛いー!!(叫)もうもう本当に私ってばメスとして失格のような感じですがミカは本当に可愛い!!骨抜きにされちゃったよ!本当に可愛いんだ!でも強い子なんだ!好き!好き!vvミカコールとかしちゃうよ?!ミーカ!ミーカ!(うざ)

まァ私なんかの本音は置いておいて(笑)
ミカってば本当に可愛いよね!ていうか「可愛い」んだけども「強い」んだよね!媚びてないっつーんですか?!アレは!
内藤先生の描かれる女の子って本当に可愛くって強くって健康的で!女の人も好きになるような女の子なんですよね!本当に友達に欲しいような女の子で!そこらへんのエロゲーの女の子もそれはそれで可愛いんですけども!(メスとしてそれはどうよ)そんな女の子とは違って、あの媚びてなさがイイんですよ!ミカは〜〜〜!!ぐおお!マリアも然り!
強い女の子って本当に魅力的ですよ!
そんなんで「こんなことに巻き込んでしまってごめんなさい・・・」とか言われたら「そんな事ないよーーーーー!!」と号泣しながら抱きしめてしまいます(やめれ!
本当にトキオカの言うとおり、こんな目に合わさずに生きさせてやりたかった!くうう!それにしてもゲームが進むにつれてのミカとグレイヴ達の打ち解け合い方が素敵ですよねv最初はそれこそ「こんな事に巻き込んでしまってごめんなさい・・・」とかだったのが「悪い夢を、全部壊して グレイヴ」だよ?!
でも別にグレイヴがミカと一緒にいて何か話すとかはしない方だと思うんですよ。グレイヴからは必要最低限の接触しかなさそう・・・。そういう「話す」とか何かするという打ち解け合い方じゃなくって無言で伝わる思いもあるってことじゃあないかと。

最初はミカにしたらグレイヴなんてまさに赤の他人じゃないですか。グレイヴにしたら関係あることなんですが、それをミカは知らないワケだし、そんな関係ない人を巻き込んで危険な目に合わせてミカは本当に罪悪感というか、「本当にごめんなさい」という気持ちでいっぱいだと思うんですよね!
んでもってグレイヴもその「ごめんなさい」という言葉に対して何も言わない人じゃないですか。それ以上どうこうっていうのは無いし、ミカにしても「ごめんなさい」の気持ちのままだったと思うんです。
でもある日、ふと顔を上げてみると黙って何も言わないけれども自分を守ってる背中があるんですよ!傷ついても、倒れても、起き上がって自分を守って、組織を倒そうとしている背中があるんですよ!そこに生まれるのは罪悪感ではなく、信頼感!
ミカは優しい子だと思いますが同時に強い子なので、いつまでも自分を守ってくれてる人に対して「ごめんなさい」ばかり言ってる子ではないと思います。
というかね〜〜vv、マリアがミカにケルベロスを託して、ミカはグレイヴにそれを渡した。その意味は組織の殲滅だったとミカは思ったと思います。マリアの真意はともかくとして、組織を殲滅するためのケルベロスであったと思うのですよ。だから最初のミカの中のでグレイヴの位置付けは「自分を守ってくれる人」では無かったと思います。そこでひとつグレイヴに対するへだたりっつーか・・・壁もあったと思います。私も大きな意味は組織の殲滅だと思うんですが、4ステージでミカがリーに攫われるじゃないですか。それをグレイヴは助けに行く。プレイヤー側にしてみたらそれは当たり前の行為なんですが、ミカにしてみたらグレイヴが自分を助ける必要ってのはゼロなんですよね。確かに組織の殲滅という意味でも一石二丁・・・二鳥な事ですが、それはアクマでプレイヤー側として見ての話。グレイヴは明らかにリーではなくミカを追ってましたし!リーに向けた銃口を外してまで投げられたミカを追いましたぜ!あの男は!!
そこでミカは初めてグレイヴに対して信頼感みたいなものが出来たと思います。優しい人だと認識できたと思います。別に冷たい人とか思ってなかったと思いますが、優しい人だと決定つけるものも無かったでしょうし。。。
ああああ、でも横道へ逸れますが、グレイヴがミカを助けたっていう行為はミカや私達に漠然とグレイヴは優しい人だと思わせたと思いますが、昔の自分が愛した人との「この子の世界を守って欲しい」っていう約束と関連づけるとさらに燃えませんか??!どっちかっつーとミカ燃えではなくグレイヴ燃え!決してマリアの娘だからだとか、マリアと約束したからだとかでミカを助けたワケじゃないと思いますが!そんなことしてなくてもグレイヴは優しい人なので助けたでしょうが!それと関連つけるとなんか・・こう・・・グッときませんか?!(俺だけ・・・?
ああ!ミカに関してはダラダラと書きたいことばかりだ!あの服から言動からラフ画事件から!もっと語りたい!ていうか早く資料集が欲しい!!(笑)
話がまたズレますが、松原氏の描いたミカって純粋にハァハァ萌えません??(笑。純粋・・・?)
俺ァあのソフマップ限定テレカのミカは犯罪的に可愛い!と思いますが〜。いやね、最初は私は「ミカは純粋に可愛い子」だと固定観念があったのであの裸ミカとか鎖ミカとかは邪道だと思ったのですが・・・ですが・・・(何
※この「裸ミカ」とか「鎖ミカ」とかいうキーワードが分からない人用の説明↓

@裸ミカ
ソフマップ限定テレカに松原氏が描いたミカ。ちなみに絵柄は裸にケルベロスを抱えて、あとは靴だけでした。。。私は欲しいけど持ってません。あーケルベロスがデカくてよかった!!(笑)裸なのにエロくなかった問題作。むしろ健康的だと思ったのは私が野郎ではなく、女だからでしょうか??
A鎖ミカ
これは犯罪的にエロかった!!鼻血でました!同じくソフマップ限定テレカに松原氏が描いたもの。絵柄はねえ・・・ふふふv(怪)
ていっても棺桶にミカが仰向けで寝転がって手を鎖で縛り・・・げげっふん!!なものです(笑)ちなみに服装はジャケット脱いだだけ。無駄にエロかった・・・!!欲しかったけどヤフオクでトンデモナイ価格になってました・・・。チクショウ!こんな時に見せるオタク共の根性がいやだ!(笑)お前らどうせガングレ目当てじゃなくてミカ目当てだろうがYO!やめて!ミカを!ガングレを純粋に愛してあげてよ!!そして私に落とさせてよ!(笑)

てなミカだったのです。見る人によっては邪道なミカなのですが・・・ていうか裸ミカは最初は邪道だと思いました・・・。でもそんな格好してたらグレイヴが「若い子が肌をみせちゃイケマセン!」とばかりに自分のジャケットをミカにかけてあげる図を想像して無駄に和んでました(笑。メゲないなあ・・・この人)
でも問題は鎖ミカですよ!なんかあのミカには邪道とか何だとかあんまり考えさせずに萌えさせる力がありましたね(笑)
見た瞬間叫びましたもん!(笑)しかも棺桶にですよ?!あのグレイヴが背負ってる棺桶にミカが横たわり、棺桶を支える為の鎖で、こう・・・ジャラリ・・・とですよ?!(笑)なんて斬新な!それをアオリ構図で!ひいい!HANZAIの香り!
でもやっぱり緒方は「純粋なミカが〜〜」とか最初は意地張ってました(笑)でも心のどこかで引っかかる毎日・・・。だってあの硬派なゲエムで・・・そんな萌えていいものかしら?!とひた隠しに生きてきたのですが、友人とミカ萌え話をして、この話を出さないワケにはいきませんでした!ちょっと遠慮しぎみに語った私を友達は同意という形でアツク迎え入れてくれたので「許されるのね・・・!許してくれるのねーーーー!」とちょっと無駄な感動を覚えながら萌えました。ああ、友達って素晴らしい・・・!今ではもう誰に何を言われようが好きだと言える自分になりましたvありがとう!個性さん!(@マサルさん)
まぁ、松原氏のミカと内藤氏のミカは別腹ですよ。アレはアレ。コレはコレ。節度はもってますとも!(汗)でも人が描いたミカを無下に却下するほど裕福でもありません(笑)ようするに飢えてるんですってば!(笑)
飢えて無くっても松原氏のミカはあれはあれで有りだと思いますよ〜。そんな事いったら俺の描いてるミカだって無しですもん!あんな己の萌えを詰めに詰め込んだミカなんて・・・!ブルブル・・・(あ、自覚あるんだこの人・・・)フトモモとフクラハギには全身全霊込めてます★
すげえ語って申し訳ない!この時点でA4を2枚分語ってます!ウザイと怒られちゃうYO!やめんけどね!(笑)

あとはガングレ公式サイトのミカの壁紙落しましたか?!みなさん!ミカの原案とかちょいちょい載ってるんですけどねvvもう色んなミカが見放題!だから早く資料集・・・(強制終了)
トライガンマキシマムの初期のメリルさんくらいの髪の毛長いミカとかもっと幼いミカとか!ああああ!早く!早く見て!(落ち着け)グレイヴと同じくらい喋らなさそうなミカが面白かった・・・。グレイヴと二人で「・・・・・」ってなってんの!(笑)オイシイ!面白い!ツボ!はぁはぁ
ああ、もうウザったいくらい喋ってますなあ。スッキリした★(こら)
本当に私の人格が疑われるようなトークだな。。。自殺行為とはまさにこの事。でもいいの!ミカんこの事がいっぱいいっぱい語れたから!誰も・・・ど・・・同意してくれなくっても・・・い・・・いいんだ!(涙)
はー次は漠然とブランドンかなー。



ASAGI MIKA TALK